« イブ・サンローラン | トップページ | のだめカンタービレ »

2009年8月15日 (土)

顔面相似形

朝日新聞夕刊「ニッポン人脈記」(←このシリーズ、ときどき好き)、”清張の「昭和」”を読んでいて、中学時代に通っていた塾、K研のK先生を思い出した。

K先生は松本清張に”そっくり”だとずーっと昔から、そう思っていた。

(あの頃、有名だったランナー”ベン・ジョンソン”にも似てると思っていたけれど。ということは、松本清張とベン・ジョンソンも似ているのかもしれない。)

あのギョロリとした眼、分厚い唇。

その上、K先生は九州男児で、大阪弁なまりの九州弁で話すのだった。

彼は大抵毎日おんなじ服を着て、当時でさえ”今時なさそうな”オートバイに乗って現われた。

”オウ!”と言って、ヘルメットを脱ぐ時、あまりの迫力にいつもちょっとギョッとしていたsweat02

恐いのに、私たちはよくイタズラをした。

みんなで教室の時計を早めたり、”父兄懇談会”のお知らせをもらった時は、

「フケイってお父さんかお兄ちゃんしかダメなんですかぁ?」とバカな質問をしては、

すごい形相で

「ふざけんなっimpact

と怒られたりしていた。

K先生が、「窓の外を見たら大きなゴジラがヌッと現われた」という夢の話をしてくれた時は、死ぬほど笑いました。

もう10年ほど前に、塾をたたんでどこかへ行ってしまったK先生は今頃どうしてるんだろう。

|

« イブ・サンローラン | トップページ | のだめカンタービレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157619/30965270

この記事へのトラックバック一覧です: 顔面相似形:

« イブ・サンローラン | トップページ | のだめカンタービレ »