« レモンの気品 | トップページ | 聴く »

2009年10月14日 (水)

エマールのコンサート

今日は久し振りにいずみホールへピエール=ロラン・エマールのコンサートを聴きに行ってきましたnote

エマールと言えば現代音楽が有名なピアニストだと思いますが、今日のプログラムはモーツァルトの「ソナタ6番」、ドビュッシー「ベルガマスク組曲」、ショパン「子守唄」「スケルツォ2番」、ベートーヴェン「エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ」、と王道を行くプログラム。

エマールがフランス人ということもあり、現代音楽を得意としているということもあり、ドビュッシーを期待したけれど、それよりなによりショパンの「子守唄」が何と美しかったことかsign03

あんなにきれいな「子守唄」を演奏されたら、いつでもどこでも瞬間的に寝ることが出来る”子守唄いらず”の私ですが、目を見張るようにして聴き入ってしまいました。

ほとんど一つの曲であるかのように続けて演奏された「スケルツォ2番」。

大学受験が終わって、これから始まる音楽学生生活に期待を抱きつつ、受験のための練習から解放されて浮かれた気分でこのスケルツォを練習していた当時の自分を、懐かしく思い出してしまいました。

あの頃は、このスケルツォにこんなにも豊かな世界があることなど全く知らないまま・・・ペダルで音が濁りまくったまま弾いてたんだろうなぁ・・・・・、と思います。

ああ、あれから何年経ったことかsweat01

さすがにエマールだけあって、アンコールはブーレーズでした。彼の現代曲も聴いてみたかったので、嬉しかったですconfident

最後の1曲はクルタークの「パントマイム」。

どんな曲だろう??と思ったらまさにパントマイムcarouselpony

彼はピアノの前に座って、手は鍵盤の上をまるで弾いているように舞いますが、実際の音は私たちの想像の中でだけ奏でられるようでした・・・。

なんてお茶目な終わりかたshine

ジョン・ケージ以外にも無音の曲があったんですね。

|

« レモンの気品 | トップページ | 聴く »

ピアノ。ピアノ教室。ピアノにまつわるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157619/31776345

この記事へのトラックバック一覧です: エマールのコンサート:

» ショパン [CD DVD 通販]
欲しい物が必ず見つかります♪ [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時59分

« レモンの気品 | トップページ | 聴く »