« Arc-en-ciel vol.2 | トップページ | ちっちゃ王様 »

2010年10月 7日 (木)

カノン

べるの練習中に「で、カノンって何なの?」という質問が出て「輪唱じゃないですかぁ?」とちょっとテキトーに答えてしまったので(スミマセンsweat02)家に帰って、「カノンかぁ。」と考えてました。

で、イタリア語の辞書を引いてみたところ、(ちなみにイタリア語でカノンはカノーネ(canone))

1、(哲学、芸術上の)規範、基準、 2、根本原理、原則 3、(ある文学ジャンルの)代表作家、4、協会の法令、法規 5、『カト』聖人一覧表、聖人名簿 6、料金、(テレビ、ラジオの)受信料 7、『カト』ミサの主要部分、8、『音』カノン(各声部が同一の主題を一定の間隔を置いて繰り返す形式の曲)

とありましたbook

ははは。なんかわからないけれど、おもしろいなぁ・・・と思った私はついでに音楽辞典も引きましたbookbook

「カノンはギリシア語で<教義>とか<指定>とかを意味する。音楽にあっては、もっとも厳格な模倣手法による対位法的書式のことである・・・・・・。」と、」この後詳し~い説明が続きます・・・

イタリア語の意味といい、音楽的な意味といい、”厳格”な感じを受けますが、

当然のことながら、これらが意味することは、”カノン”によって紡ぎ出される音楽が堅苦しいものである、ということとは全く違います。

のびのびしたカノンも楽しいカノンもたくさんあって、私はけっこう”カノン”が好きですconfident

繰り返すこと、繰り返し、ってやってるうちにある種のトランス状態に入ってきて楽しいような、気持ちいいような、興奮するようなcoldsweats01。アブナイかsweat01

並行カノン、逆行カノン、拡大カノン、縮小カノン、断続カノン、謎カノンなんてものまであるそうです。

”カノン”は本当に音楽の初期からある手法だと思うけれど、パズルのように音楽を作っていく現代音楽の考え方にもとても似ていると思いますnotes

と、”カノン”について思いをめぐらせてみた今日の午後でしたcatface

|

« Arc-en-ciel vol.2 | トップページ | ちっちゃ王様 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

くろぷうさま

いやいや、調べるきっかけになってよかったですhappy01。時々こうやってわかってると思い込んでることを調べてみると、いろいろな発見があっておもしろいんですよねぇ。
「かのん」ちゃん、かわいい名前ですねlovely
「レント」はイタリア語あるいは、楽語のイメージでつけていらっしゃるならば、”ゆっくりと”といった感じの意味だと思いますが。
あり得るかも、ですねflair

投稿: pianina | 2010年10月 7日 (木) 23時40分

「カノンってどういう意味ですか~?」とお聞きしたのは私です・・。いまさら聞けないナントカ・・で、ちょっと勇気がいりました。さらに調べていただき、ありがとうございます。フムフム、なるほど。今日やったカノン「十二支のうた」、楽しかったですね~。そういえば「べる」メンバーのSさんのお孫さんのお名前がたしか「かのん」ちゃんでしたよね。知り合いのご夫婦はお二人とも学生時代に吹奏楽をやっておられて、お子さんの名前は「れんと」君です。どういう意味かしら・・?

投稿: くろぷう | 2010年10月 7日 (木) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157619/37112418

この記事へのトラックバック一覧です: カノン:

« Arc-en-ciel vol.2 | トップページ | ちっちゃ王様 »