« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

譜読み

イタリアから帰ってきて、いそいそとシェーンベルクOp.23の楽譜を買いに行ったのが3月。

楽譜を見て、ひぃ~shockとなって半月ほど放置。

気を取り直してちょっとずつちょっとずつ譜読みをして、やっと”5つの小品”のうち3つめの終わりぐらいまで到達。

最近やっと曲に聴こえてきましたcoldsweats01

美しいshine・・・かもしれない。

それにしても、イタリアへの道は遠しsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

想像力たくましく・・・

友人の伴奏でムソルグスキーの歌曲集「子供部屋」と「死の歌と踊り」を練習中。

ムソルグスキー、初めて弾くけれど、いかにもといったハーモニーとリズムに「なるほど、なるほど。。」と思いながら弾いていますcatface

なんともおどろおどろしい詩ばかり。

特に「子供部屋」。

こちらはどうやらムソルグスキー本人が詩も書いているよう。

王様がつまずくと茸がはえるって・・・・お妃様がくしゃみするとガラスは粉々って・・・・sweat02

なんとも気持ちわりぃお話が延々文字化けみたいなキリル文字で楽譜上に書いてあるので、ここは死神のララバイか・・ここは子猫が小鳥を襲ってるのか・・と想像力をたくましくしながら練習しているところですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

コウサ

Kosa

朝起きてピアノに黄砂がつもってるのを見るとちょっとうんざりしますdown

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

駅が・・・

Stazione

たまたまJR大阪駅方面に行ってみたら、駅がスゴイことになってましたeye

わぁー楽しいっhappy02happy02と思ってしまった。

しばらく工事ばっかりでうっとおしかったのがこんな風になったんですね。

天井が高くて空港みたいだし、隣の駅ビルの屋上から見える梅田、(ただ今工事現場だらけ)が面白いです。

もともとある古くていとおしいモノたちもぜひ残しながら、面白い町になっていくといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011

発表会が終わってすぐに、大阪を脱出。

東京近郊の友人たちを訪ね歩いていましたshoe

5日は、友人たちと東京で開催されていた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011」へ。

友人の旦那様がわざわざ抽選でチケット取ってくださいました。

毎年、チケットが取れなくて大変だそうです。

今年は、震災の影響でいったんすべてのプログラムがキャンセルになった後、もう一度やり直しだったそう。

午前中がクラリネットと弦楽のコンサート、曲目は日本人現代作曲家望月京さんの新作とブラームスのクラリネットソナタ、そして、クラリネット五重奏曲、午後がブラームスのピアノコンチェルトの2番、ピアノがベレゾフスキーという、なかなか豪華版のコンサートばかり2つ、聴いてきましたnotes

コンサートの合間には会場外のテラスに世界各国の食べ物の屋台が出ていて、その場所で野外コンサートもやっていて、とっても楽しい雰囲気shine

私たちは持参のワインを持ち込んでcatface多国籍料理をつまみながらワイワイ。

それでも、今年は例年の半分の規模と人出だったみたいだけど、私にはこれくらいがちょうどいい感じhappy01

こんなに楽しいんだったら毎年来たいな。

大阪でもやってくれればいいのにsign03と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終わりました!

小さなコンサート、終わりましたsign03

お忙しい中聴きにいらしてくださった皆さま、どうもありがとうございましたheart04

お席が足りなくなってしまい、立ち見してくださった皆さま、本当にありがとうございましたcrying

嬉しい悲鳴でした。

演奏してくれた小さなピアニストちゃん、ベテランピアニストさん、本当にお疲れ様でしたsign03

みんな一所懸命最後まで精一杯演奏してくれて私はとっても嬉しかったですconfident

途中美人連弾で盛り上げてくれたMちゃん&Iさんコンビ、兄弟出演してくれたヴァイオリニストさんたち、毎年美しい歌声で会場を癒してくれる歌手のMちゃんもありがとうございましたsign03

舞台に立つ生徒さんたちの姿を見ていると、普段のレッスンではわからないようなひとりひとりの個性が浮かび上がってきて、胸がジンとします。

来年はどんな演奏をしてくれるのかなぁ、どんな大人になっていくのかなぁ・・ととっても楽しみですconfident

発表会を裏で支えてくれているスタッフさん(親族、友人、元生徒さんたちcoldsweats01)、本当にありがとうございますheart04

皆さんの協力のおかげで、毎年の発表会を楽しく盛大に終わることができます。

最後に、一緒に発表会を主催した華子先生、堀先生、本当にお疲れさまでした。

さて、来年はどんな発表会になるかなぁshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »