« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

ど根性

大学の保育科を受けたいんですけど・・・・と、すでに習いに来ているSちゃんの従妹のHちゃんがうちをたずねてくれたのが今年の5月中ごろvirgo

ピアノはバイエル程度でいいって言われていたのに突然高校の先生からソナチネまで弾けてないと難しいから、そこの大学は諦めた方がいいって言われたのが悔しいから受験までにがんばりたい!ということでした。

「で、どれくらい弾けるの?」と聞いたら

「幼稚園以来15年ぐらい弾いてない・・・」

ということで2人して(いや、お母さんも入れて3人で)「ひいっshock」となっていたのですが・・

「ソナチネってこれやで。」と楽譜を見せながらも・・・

ま、とにかく「めちゃめちゃがんばるならやってみる??」ってことで始めましたnotes

普通だと順番にやっていくバーナム、バイエル、チェルニー、ブルグミュラーという教材を、並行してやってしまおう・・とちょっと荒っぽいやり方ではありますが。。

以来毎週怒涛のように出される宿題にど根性で立ち向かってくれた結果・・・「夏休みにソナチネ譜読みしてみる?」というところまで今日たどり着きましたbell

素晴らしいですshine

見た目はほんわか、おしゃれ大好き花の女子高生なのに強いですねぇgood

私も見習わねば、ですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

ジャングル

この夏うちのベランダは激しくジャングル化していて、足の踏み場もありませんcoldsweats01

そして時々青虫さんに遭遇しますsweat01

実は今もお会いしました・・・・eye。私のパジャマの上でnight

今日はうちの玄関が、フェンネルやらオレガノやらミントでプチジャングルにclover

母曰く「今日ベランダの掃除してんでhappy02。」

なるほど、それでですねcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

カーテン

Goya

うちの中から見るゴーヤのカーテンもなかなかキレイですconfident

洗濯物が透けて見えますがcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

台風

のろのろ進んでいるらしい台風のおかげtyphoonで昨日も今日も窓の外はは雨と風rain

父が作ったベランダの”ゴーヤのカーテン”も風ですっかり傾いたままdown

私の間違った摘心がいけなかったかなsweat02

「摘心」って側枝や果樹の結実を促すため新梢の先端などを切ることだったんですね。。。

私の場合、いらないだろうと勝手に思い込んで側枝というかツルをチョキチョキhairsalon

で、支えがなくなったかもwobbly

それはそうと・・・

外が荒れ狂ってると(大げさですが・・)意外とピアノに集中できたりすることもありますnote

風や雨の音が逆に静けさをもたらすような。

ただ単にちょっとせっぱつまってるだけかもしれませんcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

出会い

友人のSちゃんの伴奏で芦屋にお住いの歌の先生宅へ。

初めてお会いする先生だけど、友人の話によると著名な詩人や小説家を親戚に持つちょっと個性的な先生、ということだったので、内心ドキドキ、楽しみに伺いましたnotes

お宅に到着すると、時代物の和ダンスの中にヨーロッパの食器が並んでいるような素敵なお宅chair

先生は華奢で美しい白髪の女性で、静かにゆっくり、でも情熱的にお話される方でした。

私たちが持っていったのはムソルグスキーの「死の歌と踊り」。

死神との愛憎劇を繰り広げる赤ん坊ややその母親、美しい女性、行き倒れ寸前の酔っぱらったお百姓さんという悲惨な歌詞なのですが・・・

「死んでいく人を一晩中見守ったようなことはありますか?」なんていうちょっとドキッとする質問を静かに毅然とされる先生で独特の迫力でした!

言葉や音から詩の内容を深く深く考察されるので、とっても勉強になりました。

また次伺うのが楽しみですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

パンダ

Panda

冷凍庫の中にある父がいただいたアイスをガサゴソと物色していると、”パンダ”という名前のアイスを発見eye

パンダ?

パンダってなんだっけ・・・?そんな食べ物あったっけ・・・?

と思ったら笹風味のアイスでした。

あっさりした抹茶のような味。

竹林など想像しながら食べたらなんとも涼しげな気分になりましたcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

ブルグミュラー

2月にイタリアでお会いして以来久しぶりに師匠のA先生から「西北でブルグミュラーの講座やるからひょっとして空いてたら来てね~notes」というメールをいただき、行ってきましたfoot

ブルグミュラー。私たち日本でピアノを学んだ者にとってはものすごく馴染み深い教本ですねconfident

ピアノを教えるようになった今も、タイトルも魅力的で、かわいくていい曲が多いので、生徒さんたちのレッスンにたくさん使いますhappy01

久しぶりにお会いしたA先生は相変わらずパワフルで、2時間の講座の時間いっぱいいっぱい(というより時間を超過して・・)しゃべりまくりcoldsweats01、そしてたくさん演奏もしてくださいました。

しゃべりまくり・・って何の話かと思いますが、ホントにためになることばかり・・・・sign03

原稿も見ずに、いつもの超早口で、あれだけ内容のつまった面白い講座もめずらしいのではないかと思いましたcoldsweats01

即使えそうなテクニックの練習方法やら、すべての音楽に通ずる深ーいお話やら。

同時に出されたブルグミュラーのエチュード全集CD&DVDも興味深いデスflair

帰りの電車で相変わらずパワフルなオーラを出し続け、録音の裏話などしながら「あんなんでよかったんかなーhappy02!?」とかおっしゃっていたので、「1か月ぐらいで4回シリーズぐらいにしても良かったんじゃないですかぁ~catface」なんて話していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »