« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

ミレニアムホール

24,25と二日連続で母校大阪教育大学天王寺キャンパスのミレニアムホールへ。

母校と言っても、私はずっと柏原キャンパスという山の上の校舎で勉強していたので、天王寺キャンパスは全く知りません。

今回は、修士論文でお世話になったI先生から、放送大学で予定されている「ピアノの歴史」に関する講義を手伝って欲しい、というご依頼をいただいて、I先生の授業ならば是非!!!と、5月に講義のアシスタントをすることになったのです。

講義のアシスタント、と言っても私がしゃべったりするわけではなく(ロクなことない・・・^^;)、先生のお話することを実際ピアノで弾いて聴いてもらう、といった趣旨のようです。

なぜ放送大学の授業なのに、教育大の天王寺キャンパスなのかというと、放送大学の大阪学習センターは天王寺キャンパスの上にあるのですね。

で、そのミレニアムホールには、これまた学生時代に副科チェロでお世話になったO先生がこだわりで集めたピアノが3台ある!というまたとない環境なのです。

10年以上ぶりに天王寺キャンパスへ足を運び、初めて阿倍野ハルカスを下から見上げました。

学生時代以来久しぶりにお会いしたO先生は学生の時と全く変わらずの芸術家っぷり(仙人のようでいて、少年のよう・・・^^)それでも、O十年ぶりに突然現れた私のために大事なピアノを3台出して下さって、2日間とも午後の2~3時間をずっとホールの中でピアノを聴いてくださったり、ピアノの説明をしてくださったり・・・・さすがに「悪いなぁ・・・・」と思って「先生、お忙しいのにすみません・・・!!」とか言いながらピアノを弾いていたら、「いえ、とても幸せです。」とかおっしゃってくださるので、先生が菩薩さまのように見えました。

ミレニアムホールにある3台のピアノは90年代のベヒシュタインとブリュートナー、それと昭和20年台の古いヤマハのグランドピアノです。

三者三様独特の個性を持っていて、甲乙つけがたい・・どれもそれぞれにとてもいい音がするのです。

とはいえ、どれが欲しいかと言われたら私はブリュートナーが欲しいです(*^^*)。

そこにあるブリュートナーは少し気難しいけれど、こちらが何かをしようとするとものすごくいい音で応えてくれる(O先生曰く木の音がする)、ブリュートナーはとても煌びやかです。古いヤマハは優しい楽器でした。

この2日間、3台の素晴らしいピアノをぐるぐるぐるぐる回って思う存分ピアノを弾いて・・・・とはいえ、O先生とI先生(←いつも著名な演奏家のコンサート評など書いていらっしゃるというのに--;)、の二人に囲まれて冷や汗ものですが・・・、それでも幸せな二日間でした!

5月の講義が楽しみになってきました(^^)!

今日は教育大時代にピアノのレッスンでお世話になったF先生の退官記念パーティーに出席して、その足で東京へ戻ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

お疲れさまでした!

豊中へ帰ってきてもう1週間。

梨谷池の今年の鶯(たち?)は歌声自慢らしく、朝から夕方までいい声で歌い続けています(^^)。

マンションの階段の踊り場は残響もすごくて彼らにとっては格好の舞台のようです。

さて、19日の楽昌会のコンサート、生徒さん共々出演させて下さってありがとうございました!

私が東京へ行ってもまだレッスンに通い続けてくださる大人の生徒さんたちにとっても、私自身にとっても発表の場があるのは、とてもありがたいことです。

人前で緊張して演奏することによって学ぶことは限りなくたくさんあるし、仲間の演奏を聴いたり、ピアノ仲間の輪が広がるのもとても楽しいことですよね!

これを一つのステップにして、またこれからも頑張っていきましょう♪

Dscn3818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

嬉しいお知らせ!

大阪で知り合いの先生に引き継ぎ、レッスンをお願いしてきたピアノ大好き、優しくてのんびり屋さんのT君。

ピアノも大好きだけれど勉強も一生懸命で、去年家から遠くにある難関中学に見事合格、それでもピアノは細々でも続けたい、という希望だったので、S先生にレッスンをお願いしました。

S先生とは直接面識はなかったものの、尊敬するH先生から詳しくお話を聞いて 「この先生ならばきっとT君のいいところをぐんぐん伸ばしてくれるに違いない!」と思って無理を言ってお願いしてきました。

そのS先生からご連絡をいただいて、

「Tくんの去年の発表会、ベートーヴェンの『悲壮』第2楽章をパソコンのサイトにアップしたので、ぜひ見てみてください♪」とのこと。

小学生の時から随分背が高くて大きい子だったけれど、1年でまた少し大人っぽくなって、画面の中から素敵な演奏を聴かせてくれました!

大阪でいろんな先生方にお願いしてきた生徒さんたちも、みんなそれぞれの舞台で頑張っている様子。

こういうお便りがあるととっても嬉しいです(^^)!

このバラ、とてもいい香りがします。

Dscn1424

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

大阪からのお客さま!

昨日は大阪からYさんがレッスンを受けに来てくださいました♪

Yさんは同じ教室で一緒にピアノを習っていた同級生のKちゃんのお母様。

というわけで、私が小学校3年生の時からもうO十年の長~いお付き合いです(^^)。

いくつになってもお若くて、ピアノに、お仕事に、ボランティア、旅行やアメリカに住むKちゃんのお子さんたちや、ほかにもいらっしゃるお孫さんたちのおばあちゃま業、と世界をまたにかけていつも飛び回っていらっしゃって、本当に尊敬します!

来週の土曜日大阪である発表会に向けてのそろそろ追い込みレッスン、去年に引き続き今年も暗譜で挑戦、本当に素晴らしいです!

レッスンが終わって、北千住までぶらぶら歩いてお見送り。

ほのかに残る江戸情緒の町を少し散策もできました。

来週19日の発表会では私も演奏します。

頑張って練習しなければ!!

と言いつつ、週末に10キロ歩いた松戸の桜並木。

Dscn1414


そして、うちのブルーベリーも咲きました。

Dscn1421

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

週末

日曜の午後は勅使河原三郎の『ドドと気違いたち』を見に、両国のシアターXへ。

『ドドと気違いたち』はポーランドの作家ブルーノ・シュルツの短編を基にした作品らしく、ダンスと芝居が融合したような舞台でした。

前日に急に公演を知って思い立って行ってみたのだけれど、勅使河原三郎率いるKARASの舞台は本当に素晴らしかったです。

勅使河原氏の舞台は何度か見ているのだけれど、これほどの小規模な劇場でかぶりつきで見たのは初めてでした。

見入ってしまって呼吸するのも忘れるほど・・・なんと言い表したらよいのか難しいのだけれど、とにかく目を見張る身体の動き、暗くて、そのタイトルの通り尋常でないような動きをしますが、ものすごく美しい瞬間が何度も訪れます。

見終わった後も、様々なことを考えさせられ、次から次へといろんなことを想像させてくれます。

終わってしばらくぼーっとしながら両国の町をさまよってしまいました。

芥川龍之介や勝海舟はこの地で生まれたとか。

Dscn1380


こんな小さな公園のこの桜の木の下に勝海舟生誕の碑はありました。

次の日はいくつか用事があり銀座へ。

ビルの谷間に咲く桜。

Dscn1395

歌舞伎座近くの古い小さな和菓子やさんで栗むし羊羹と桜餅、豆大福を買って、この桜の木の下でプチお花見をしてしまいました(^^)。(もちろん一人で全部食べてません(^O^))

美味しかったー!気持ちよかったー(*^^*)!

この後、4月から新しくピアノ教室へ加わってくれることになったMちゃんの楽譜を探しに銀座ヤマハへ行ったらあいにくのお休み・・・でも、近くに山野楽器さんがあって、無事楽譜を購入できました。

新しい季節の始まりですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »