« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

チッコリーニコンサート2014

川西のみつなかホールでアルド・チッコリーニのコンサートを聴いて、また東京に帰ってきました。

1925年生まれ、御年88才の大ピアニストです。

チッコリーニのコンサートを聴くのは今回で3度目。

前回よりも少し痩せたように見え、杖を突いてゆっくりとピアノの前に座られます。

静かにピアノの前に座って演奏されるお姿からは想像できないほどの多彩な音色、かつ、とびっきり美しい音色の感動的なことは言葉では言い表せません。

前半のブラームスの4つのバラード、グリーグのピアノソナタホ短調に続いて、後半はボロディンの小組曲と、カステルヌォーヴォ・テデスコのピエディグロッタ 1924 ナポリ狂詩曲、というかなりマニアックな選曲。

恥ずかしながら、私はカステル・ヌォーヴォ・テデスコという作曲家の作品を初めて耳にしましたが、哀しくて美しく、ナポリの情景や人々の顔が思い浮かぶような素敵な曲。

それをチッコリーニが弾くと、たくさんの歌が層になって聴こえます。

アンコール1曲目は、スカルラッティのソナタ。

私はあそこまで美しいスカルラッティのソナタを今まで一度も聴いたことがありません!

そして、2曲目はドビュッシーのミンストレル、3曲目がファリャの火祭りの踊り、深い静けさや優しさだけでなく、彼の演奏ははお茶目なかわいらしさや、やんちゃ坊主のような勢い、激しい激情もあわせもっています。

もうここまで来ると、涙なしでは聴いていられません。

目の前で奇跡を見た、いや神を見た、素晴らしい午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

N響コンサート

先週土曜日はテレビではおなじみのN響コンサートを聴きに、初めてN響ホールへ。

この日の指揮はアシュケナージ、そしてソリストは大阪でI先生に教えてもらった気鋭のヴァイオリニスト、コパチンスカヤということで、とっても楽しみに行きました!

舞台に小走りで登場したアシュケナージは、巨匠というよりちっちゃくてかわいいおじいさん(^^)という感じでした。

最初はグラズノフの『ステンカラージン』。

ロシア民謡『ボルガの舟歌』に沿って作られた交響詩のようです。

ロシアの曲を聴いているとしばしば感じる、ロシアの凍てつく寒さと、人々が心に持っている熱い思いが、この曲にもよく現れていました。

さすがロシア出身のアシュケナージによるこの日の演奏も、感じがよく表れていたのかもしれません。

次はいよいよコパチンスカヤのプロコフィエフ、コンチェルト2番。

噂通り舞台にはドレスに裸足で登場(^^;)。

演奏が始まった瞬間から異次元の世界に運ばれていく感じ。

土の香り、ロマの音楽のようでもあり、プロコフィエフのお茶目な、洗練された雰囲気も。

怒涛のように1,2,3楽章と演奏は進み、あっという間に終わりました。

末席で遠いところから聴いていてもその集中力や迫力、繊細さも伝わってきますが、テレビ収録していたようなので、是非とも近くからの映像も見てみたいものです。

最後はチャイコフスキーの『くるみ割り人形』。

何度も連弾で演奏させてもらっているのに、オケで聴くのは実は初めてだったので、こちらもとても楽しみにでした。

この組曲、子供も楽しめるバレエ音楽として作られているようですが、本当に楽しい曲ばかり!

どれ一つとっても可愛らしい名曲ばかりで、これも心から楽しめました!

アシュケナージも最後までエネルギッシュでかわいいおじいちゃんで、オケの人たちも心底楽しんで演奏しているような印象を受けました!

N響コンサート、実はお手頃価格で聴きに行けることを今回知ったので、また行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

つぶやき

まだ6月に入ったばかりというのに暑いですね!

久しぶりに荒川土手へ上がってみたところ

Dscn1441

いつのまにか緑が青々していました。

Dscn1444


グミの木のトンネルなんかもあったりしますが、なんとなく無骨な感じ(^^;)。

鳥さんも虫さんもいっぱいです。

うちの玄関に植えているやバジルやミント、ブルーベリーの果実はなんときれいに全て(TT)虫さんに食べられました。

私は玄関で植物を育てているのではなく、虫を育てているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »