« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

トンボ

Dscn1483

今日はベランダでこんな華奢なトンボに出会いましたeye

羽は透明、胴体は細ーい竹のようです。

尻尾の先にある青いストライプがポイント?らしい。

目は結構ぎょろぎょろしていますeye

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

睡眠

Dscn1476

足立に帰ってきましたhappy01

帰ってきた日曜日はまだ30度だったのに、昨日のうちのリビングの温度計は28度、そして今日は25度ですeye

そんなに急に秋になられてもついていけませんcoldsweats02

でも、今日は涼しかったのと蚊が少し減ってきたのでベランダの掃除ができましたcatface

夏の初めに買ったシナモンバジルの花。

意外と強くて、気がついたら隣の隣の鉢もシナモンバジルの葉っぱが青々と茂ってきましたeye

いい香りがしますよconfident

帰ってくる前日に兵庫県立芸術文化センターで見た勅使河原三郎とオーレリー・デュポンの『睡眠』。

ベッドに入ってから眠りにつくまでの時間、起きているような眠っているような曖昧な時間をを1時間半ほどの踊りにしたという舞台です。

見ている私が睡眠モードに入ってしまわないかとちょっと心配しましたが(というのも好きな映画を見ていてもいつも眠くなってしまう困った体質の持ち主なのである・・・coldsweats01)、溢れる緊張感と美しさで一瞬も眠くなりませんでしたeye

パリオペラ座のエトワール、オーレリー・デュポンが入っているだけあって、いつもの勅使河原三郎よりはどちらかというとクラシカルな雰囲気の漂う舞台だった気がしますが、バッハ、ペルト、くるみ割り人形(最近づいていますcatface)、ミック・ジャガーなどの世界が入り混じる耽美な世界。

確かに、眠りにつくときの世界はぐるぐると独特です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

講座

昨日は心斎橋の堀江アルテでK先生の音楽講座のお手伝いでしたnotes

『くるみ割り人形』のお話crown

原作から台本に至る段階での裏話や、当時初演された時の状況など興味深いお話が盛りだくさんeye

今度じっくりバレエ全曲を通して見てみたいと思いますhappy02

私たちは、せっかくだからということで、チャイコフスキーの歌曲2曲と、『くるみ割り人形』の中から抜粋で演奏させていただきましたnote

講座で和気あいあいと楽しい雰囲気の中で演奏する、というのもまたコンサートで演奏するのとは違って楽しいものですconfident

さてさて、大阪でのちょっと長めの夏休みも、あと少しで終わり。

もうすぐ足立へ帰りますairplane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

大阪です。

Dscn3972


Dscn3973


豊中に帰ってきましたhappy01

朝起きるとまず聞こえるのが蝉の大合唱notes

このマンションの周りに一体何匹の蝉が暮らしているんだろうeyeと思います。

春はウグイスの一人舞台だったし、やっぱり足立の家とは暮らしの中に混ざってくる音もずいぶん違うものですcatface

なーんて書きながらふと網戸を見たら蝉が一匹とまっていました。

しばらく豊中で休暇とレッスンsmile

来週は去年の秋にお世話になったK先生の講座で、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』を連弾で弾きます。

あと歌曲の伴奏を何曲か・・・

どこかで聞いたようなプログラムですがsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

ブルグミュラーフェスティバル

夏、祭りの季節ですねsun

うちの近所の公園でも連日盆踊りなどやっていてにぎやかですhappy01

さて、私が行ってきたのは盆踊り大会ではなく、ブルグミュラーフェスティバルnotes

師匠のA先生がブルグミュラーリサイタルをされるというので、神楽坂の音友ホールへ行ってきました。

ブルグミュラーだけで2時間のプログラム、ということでかなり盛りだくさんな内容ですeye

前半は「トルコ風ロンド」から始まり、『18の練習曲』と『12の練習曲』よりいくつか。

「トルコ風ロンド」はA先生らしく、民族色溢れるパワフルエネルギッシュな演奏でしたhappy02

『18の練習曲』は子供のころいくつか弾いたけれど、やはり美しい曲が多いですね!

私は『12の練習曲』までは弾かずじまいでしたが、これはかなり手強そうです。

ヴェルデイのオペラによるファンラジーブリランテなど、私の知らないブルグミュラーの世界も垣間見ました。

後半はおなじみ『25の練習曲」をなんと全曲ぶっ通しで演奏されましたsign03

子供の頃、悪戦苦闘しながらも楽しんで練習していた曲たち、今は生徒さんのレッスンでやっぱり試行錯誤しながら大事にレッスンさせてもらっている曲集ですconfident

こんなにも慣れ親しんでいる曲はないというほど身近な曲たちを、生でプロの演奏家による演奏で、しかも通して聴けて、とっても楽しい演奏会でしたnote

ブルグミュラー、奥が深いですsign01

A先生、お誘いくださってありがとうございましたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »