ピアノ。ピアノ教室。ピアノにまつわるもの

2018年4月19日 (木)

産休のお知らせ

大変ご無沙汰しておりますsweat01

足立での4回目の発表会が終わったのも、もう3か月前・・・・・

まだ手探り状態での足立でのピアノ教室、毎年違うホールでの開催で、新たな発見やら、反省点やら、色々ありますが、足立教室の皆さんも、はるばる大阪から参加の皆さんも、みーんなそれぞれに頑張ってくださって、私は幸せですconfident

お手伝いしてくださった先生方、保護者の皆さま、本当にありがとうございましたheart04!!

皆さまのご協力のおかげで何とかピアノ教室Musica e armonia、頑張ってますsign03

さて、娘の入園式も終わり、暑くなったり、寒くなったり、まさに三寒四温のココ東京ですが、お知らせがありますclover

実は6月末に実家のある大阪で里帰り出産の予定chick

足立教室は6月~8月お休みになってしまいます。

今いるご希望の生徒さんには、代わりの先生方にレッスンしていただく予定ですnotes

9月には足立に戻って来てレッスン再開を目指してはいますが、今と同じペースでできるかどうかは、まだ見通しが立たない状況です。

というわけで、しばらく新しい生徒さんの募集はお休みさせてください。

今いる生徒さんたちにも、ご不便をおかけしますが、なにとぞご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

小さなコンサートin足立vol.4

大変ご無沙汰しておりますsweat01

明けましておめでとうございますfuji!!

ってもう15日・・・しかも一つ前の記事は夏休みのご報告ではありませんかcoldsweats02

娘が週2回の幼稚園に通いだしたり、発表会準備やら・・・その間にもたーっくさんいろんなことがありましたがsweat01、なんだかんだと毎日あたふたと、しかし楽しく暮らしておりましたdash

さて、気を取り直して、今日は発表会のお知らせです。

今週日曜、1月21日、竹ノ塚生涯学習センターの大ホールで第4回”小さなコンサートin足立”を行いますnote

Dscn7193

足立でのコンサートも、はや4回目。

プログラムの最後にこんな”ごあいさつ”をいれました。

本日はお忙しい中‘小さなコンサートin 足立’にお越しくださり、ありがとうございます。足立でのコンサートも早いもので4回目になりました。東京へ来て、まだまだわからないことだらけ、毎年手さぐりで何とかコンサートにこぎつけています。こうやって無事4回目のコンサートを迎えることができましたのも、多くの皆さまの温かいご支援のおかげと心より感謝申し上げます。

少し前までちびっ子だと思っていた子どもたちが、少しずつ、でも、あっという間にお兄さん、お姉さんになりました。そして、今年もまた元気なちびっこちゃんたちが加わって、足立教室はいつもにぎやかです。

今まで大阪、小金井からだけの参加だけだった大人の生徒さんたちですが、今年は足立教室から3名、大阪から2名の参加です。大人になって始められた方もいれば、長いブランクを経て再開された方もいます。みなそれぞれにいろいろな思いを抱きながらピアノに向かわれていて、皆さんの熱意に心動かされます。

そして、大阪から2年連続で2名の子どもたちも参加です。遠路はるばるご家族で参加してくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、今年もまた東京で再会の若きヴァイオリニスト、月嶹アミさんがゲスト演奏をしてくださいます。最後になりましたが、千葉の須崎由佳先生!“小さなコンサートin足立”にはなくてはならない存在です。いつも本当にありがとうございます!

ここで共有した音楽が人生の素敵な思い出になりますように! 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

講習会

梅雨のような8月を過ごしておりますrain

・・・・・と書き始めてからまた時間が経って・・・東京も暑さが戻ってきましたsweat01coldsweats01

さて、発表会ラッシュに一段落着いた大阪での8月のレッスンはお休みして、久しぶりに講習会に参加しましたsign03

講習会なるもの”公開レッスン”+”コンサート”というセットで構成されています。

ヨーロッパでは2週間ぐらいあって、避暑地なんかでみんなで寝泊まりしながらレッスン&コンサート三昧の日々notes。    

私も何度か参加しましたが、楽しかったな~lovely

青春真っ盛りhappy02

で、今回の講習会は3日間。祝、土、日で、東京開催。

公開レッスンは朝早く始まって昼過ぎに終了、コンサートは3日目の午後だったので、「これならラファエルくんに3日間、半日子育てをお任せして参加できるかもlovely」と無理を言って参加してきました!

現役バリバリの人たちの演奏とレッスンを聴いたり、練習不足の私もレッスンを受けてみたり、そしてコンサートまで参加させていただき、学ぶこといっぱいsign03とっても楽しく充実した3日間になりましたnotes

長年勉強してみたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれなかったバルトークの「ルーマニア民族舞曲」、この機会に弾いてみて、ホントに楽しかったですhappy01

譜読みはそんなに難しくありませんが、音楽的には非常にいろんな要素がつまっていて、民族音楽大好きな私には心躍る作品でしたheart04

家事、育児、レッスンに毎日ドタバタですが、ピアノは少しずつでも弾いていこうと思いますconfident

皆さんに感謝shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

7月徒然

最近月1回がやっとのブログ更新sweat01それにしても暑いですsunsunsun・・・!

さて、先週土曜日はまた関西、また宝塚ベガホールで発表会でしたnotes

何度行っても素敵なホールshine、今回は豊中のちびっ子生徒ちゃんたち二人が出演でした!

発表会を主催されてるO先生とN先生、T先生には何から何まですっかりお世話になり、本当に感謝ですheart04

憧れのベガホールで弾けたNちゃん、H君も楽しく弾けたのではhappy01!?

本番はいろんなことがありますが、やったらやっただけいろんな発見があって面白いですね!

さて、7月には悲しいこともありました。

イタリアでお世話になっていたマエストロが亡くなったのです。

90歳でした。

ここ数年イタリアに通えていない間、「もうマエストロに会えないかもな・・・」と漠然とは思っていましたが、本当にもう会えなくなってしまったのかと思うと、やっぱり心にぽっかり穴が開いてしまったような寂しさを感じます。

10年以上も前、初めてのスイスでの講習会。

おっかなびっくりのだった私に「君はピアノを弾き続けなさい。」と優しい笑顔でおっしゃってくださったこと。

一生忘れられない一言ですconfident

それから、ペスカーラの音楽院に通うようになって、ディプロマを取得できたのも、優しいマエストロと、イタリア海辺の街の自由でおおらかな空気のおかげだったと思います。

これからは天国から私たちみんなのことを見守ってくださるのかと思うと、少し近くなったような気もしてきましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

初夏のコンサート

Dscn6528


うちのベランダに突然生えてきた来たこの植物bud

「なんやろなぁ・・・」と思いつつ、お花もきれいなので、「まっいっか」と、そのままにしておいたら「あ、トウガラシや!」ということにこの写真を撮っていて気がつきましたcoldsweats01

そういえば3年ほど前にトウガラシを買ってきて、ベランダに置いていたことがあるけれど・・・

もう枯れたと思っていたら、全然違う鉢から出てきました。

植物ってスゴイeye

さて、初夏の恒例、宝塚ベガホールでの「初夏のコンサート」、終わりましたnotes

気がつけば、終わってもう10日sweat01

あ、また最近の決まり文句・・・(^^;)。

演奏された皆さま、お疲れさまでしたhappy02

お忙しい中、聴きにいらしてくださった皆さま、ありがとうございましたconfident

私も1曲、モーツァルトの「キラキラ星変奏曲」を弾かせていただきましたが、宝塚ベガホール、やっぱりいいホールですねshineshineshine

そして、モーツァルト、やっぱり難しいsweat02

でも久しぶりに響きのいいホールで弾くことができて、特別な時間を過ごすことができましたconfident

色々あるけど、やっぱり気持ちいいhappy02

演奏された豊中の大人の生徒さんたちも、皆さんお忙しい方ばかり、いろんな事情があったり大変な中での演奏ですが、やっぱり幸せな時間を過ごせたのでは!?と勝手に思っておりますsmile

発表会開催にあたって、お世話してくださる楽昌会の皆さま、私は東京にいる、という理由でいつもレッスンと出演だけで、何にもお手伝いもしていないのに、快くお仲間に入れて下さって、本当に感謝ですlovely

また来年も、どうぞよろしくお願いいたしますsign03

さて、7月にはまた同じベガホールで、豊中のちびっ子生徒ちゃんたちが弾かせてもらう発表会がありますnotes

東京に移ってからも、こうやって豊中の皆さんともずっとつながりを持てて幸せですconfident

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

再会

Dscn6134


Dscn6116

ブログ、書きかけて寝かせておくと、あっという間に季節が移り変わっていきますねcoldsweats01

桜は1週間ほど前の五反野駅前。

あ~まだ残ってる・・・!と思っていたら今日はもう夏日?ですcatface

下の写真は玄関前の箱庭。

クリスマスローズはクリスマスではなくて、今満開なのだhappy02

さて、3月末から4月の初めににかけては、また大阪で出張レッスンなどなどnote

今回は、昔の生徒さんたちの発表会が二つありました。

というわけで、庄内のローズ文化ホールと、西北、芸文まで行ってきましたnotes

1年ぶりやら4年ぶりに会う、昔教えていたちびっこたちは、もうすっかりお姉さん、お兄さんになっていて、葉加瀬太郎に、ショパンや、グリーグ、ラフマニノフ、と立派な曲を弾いていて、びっくりするやら嬉しいやらhappy02

みんな心も体もみるみる成長するのですね。

でも、にっこり笑った笑顔は昔のまんまhappy01

昔教えていたちびっこたちの演奏をまた聴くことができて、本当に嬉しい大阪滞在でしたconfident

これからもずっとずっと聴かせてねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

チェロとレッスン

師匠の強い勧めで、日曜日はイタリア人チェリスト、フランチェスコの室内楽のレッスンを受けに三軒茶屋へnotes

前日の夜に急遽チェロとの室内楽版の「子供の情景」をプリントして、翌日の朝に三軒茶屋へ向かうバタバタぶりでしたcoldsweats01

シューマンの「子供の情景」は2年ほど前に抜粋で弾いていたのですが、チェロとの室内楽バージョンになると調も違うんですねsweat01

でも、レッスン室から優しい美しいチェロの音がこぼれてきて、俄然ウキウキしながらレッスン室へsign03

「子供の情景」1曲目は短い小さな曲、それを私も含めて4人の生徒たち(キラキラの高校生やら、大学生たちshine若い・・・・sign03年の差がすごいぞsmile)が思い思いにチェロの伴奏をしてみました。

当然のことながら、みんなそれぞれテンポも持ち味も違った演奏になります。

他にも私はトロイメライ、他の生徒さんたちも思い思いに好きな曲を何曲か一緒に演奏させてもらいましたnote

その一人一人に本当に丁寧に、色んなアドヴァイスをくれたフランチェスコ先生。

優しい笑顔で、物静な語り口・・・・でも、そこはさすがイタリア人、とめどなくしゃべる・・・smile本当に音楽が好きで好きでたまらない、という感じで、素敵なお話と演奏を沢山聴かせてくれましたconfident

バタバタしたけど、行ってよかったぁ~sign03

レッスンが終わって、師匠とフランチェスコ、娘とラファエル君も交えて、みんなで「トンカツ食べに行こう!」とせっかくお店にならんだのに、娘はベビーカーから降車拒否wobbly

というわけで、私たち家族はトンカツ諦めてうどんを食べに行きましたsmile

おっき~いヴァンドリン持ったイタリア人のお兄さんが怖かったらしいですが、帰って来ておっき~いヴァンドリンの話ばかりしていますcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

発表会終わりました!

Dscn5975

1月29日(日)北千住、天空劇場での発表会が無事終了しましたhappy02

出演者の皆さま、お疲れさまでしたhappy02

お手伝いしてくださった皆さま、本当にありがとうございましたheart04

「小さなコンサートin足立vol.3」、無事終了できましたのも、日頃から助けて下さる皆さまのおかげ、と心より感謝申し上げますconfident

足立のちびっ子ピアニストちゃんたち、みんな一生懸命弾き切りましたねhappy01

大阪から参加の皆さん、長旅の疲れもなんのその、熱い演奏をありがとうございましたlovely

小金井のSalon de Musique音楽教室の林友季子先生の生徒さんたち、大曲ばかり、素敵でしたshine

ゲスト演奏、ヴァイオリンのアミ先生も、迫力満点の演奏ありがとうございました!

そして千葉の由佳先生、発表会前の準備から当日の裏方、そして舞台での演奏まで、本当に本当にありがとございますsign03

ピアノ教室に、子育てに、てんやわんやの私ですが、これからも音楽教室Musica e Armonia、頑張っていきます!

温かく見守ってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

新年明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございますfuji

自分でもブログやってることを忘れるぐらい、更新を怠ってしまいましたcoldsweats02

スミマセンsweat01

年末は大阪でレッスン、そして元旦の昨日東京へ戻ってきましたhappy01

さて、新年早々発表会のお知らせですnotes

場所 東京芸術センター内(21階)天空劇場

日時 1月29日(日)午後3時開演 

さぁ~、あと1ヶ月を切りましたsign03

皆さん、追い込み練習がんばりましょうねhappy02

今回は大阪から6名、小金井からも5名、と遠方からもたくさん出演してくださいますlovely

私も、あと1ヶ月、準備にレッスンに練習に・・・頑張らねばupup

それでは、皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたしますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

アチュカロリサイタル

ホアキン・アチュカロのピアノリサイタルを聴きに行ってきましたnote

実はこのピアノストの名前、新聞で広告を見るまでは、お恥ずかしながら、聴いたことがありませんでした。

でも、新聞広告にある顔写真smile(おじいさんですよ、でも、いかにもいい音楽を聴かせてくれそうなお顔をしていらっしゃるのですcatface)とプログラムを見て、「聴いてみたいなぁ・・・」と半年ほど前から心に引っかかっていたのです。

で結局、ラファエル君に無理をお願いして娘を見てもらい、浜離宮朝日ホールでのマチネーコンサートへ行くことにup

出産以来久々のコンサートにテンションもupup

バッハ・ヘスの「主よ人の望みの喜びよ」からコンサートは始まりました。

「スペインの巨匠」とありましたが、若手ピアニストのように緊張された面持ちで舞台に現れ、演奏中も緊張されている様子・・でも、優しい音色、不思議な音の層が聴こえてきました。

その次にベートーベンのソナタ10番、そしてショパンの幻想即興曲、「英雄ポロネーズ」と続きました。

ベートーベンはとても楽しそうに、独特のリズム感覚で演奏され、ショパンは、アチュカロさん独自の歌いまわしがあって、とても楽しかったです。

そして後半は、楽しみにしていたスペインもの。

モンポウ、グラナドス、アルベニス・・・・どれも本当に素晴らしかったですshine

物悲しい静かな音色、明るく優しい音色、スペインの太陽を思わせるような音色、独特のリズム感・・・・・・なんだかスペインの路地裏に迷い込んだような感覚に陥りました。

アンコールに、グリーグ、スクリャービン、ショパン、そして最後の曲は何だったのか聴き逃してしまいましたがsweat01、アンコールは本当に楽しそうに演奏されていて、1曲終わるごとに、私の両隣に座っていたご婦人や、紳士、そして私にも笑顔がこぼれていましたconfident

寒いロシアのイメージのスクリャービンも、この人が弾くとどことなくスペイン風の優しく美しい音楽に聴こえるので不思議confident

演奏会が終わって急いで階段を駆け下りて行ったら、娘とラファエル君は土砂降りの中、ご機嫌でホール入口で待っててくれました。

本当に幸せな時間confident、家族に感謝ですheart04

いやー、しかしまた行きたいsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧