イタリア

2011年9月 9日 (金)

ナポリ

Napoli1


Napoli2


Napoli


じつは帰りに少しだけナポリに寄りました。

牛や豚の内臓、魚、なぜだかきつい洗剤の匂い、窓越しに大声でしゃべる人たちと、町中に流れるナポリ民謡の悲しげな歌声、道路に散乱するごみの山。

じりじりする陽射しの下でやっとの思いでナポリのピッツァ(これはアンチョビとオリーブ。塩味が効いていていておいしかった!!)にありついたまでは良かったのですが、この後暑さと疲労のため、お手上げ状態になり、ホテルに帰って就寝sweat02

ナポリだけは、行ってもなかなか充分に町を見て回ることができない難攻不落の町。

今度こそは、じっくり町を見てみたいですcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

帰国しました!

A_roma

すっかりご報告が遅れましたが、帰国しましたairplane

写真はアムステルダムからローマへ飛んでいる途中の風景。

今回はバタバタと1週間で帰国したものの、イタリアでのレッスンの状況も変わり、帰ってからも即仕事で、頭の中がごちゃごちゃです。(いつもかcoldsweats01。)

今回からはマエストロも学校ではなく、ご自宅でレッスンされることになり、初めておうかがいするマエストロ邸に迷ってはいけないと思い、前日にこっそりお宅前まで行ってみて、お宅にいるでっかいワンちゃんに吠えられて慌てて逃げたりしてましたdash

イタリアの友人がマエストロ宅までのアクセスマップと詳細な説明を送ってくれていたにもかかわらず、わかりにくいったらありゃしない・・・イタリアのバス事情sweat02

その町へ行くためのバス停を探すだけで一苦労でした。

番号があるにもかかわらず、その番号がどこにも表示されていない・・・というシュールな状況shockと思ったら、路上に消えかかってほとんど見えない番号がありました。しかも1番だったからさらに見にくい。。

バスの運転手さんに聞いてもみんな「あっち!」とか「あの列!」とか「俺も知らないからあのおっさんに聞いてみて。」とか大雑把な返答ばかりで、わかるわけないしwobbly

レッスンに伺ったマエストロのお宅はシックでとっても素敵なお宅でしたshine

マエストロは最初声がガラガラで、ちょっと痩せたようにも見えて、「暑さのせいかな?」と心配しましたが、レッスンが進むにつれてどんどん元気にhappy01

今回は、ヒンデミットとシェーンベルクとベルクのソナタを持っていきましたが、先生好みの曲ばっかりだったらしいこともあって、とっても楽しそうに、またまた超細かいアドバイスをたくさんいただきましたnotes

こんなにマニアックな曲ばかり、こんなにも細かいレッスンをしてくださる先生もそうそういないんじゃないかなぁ・・・と貴重なレッスンを受ける機会に恵まれて感謝ですconfident


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

帰ってきました

イタリアから帰ってきましたairplane

イタリアはずっとポカポカ陽気だったので、帰ってきて出発前の自分のブログの写真を見て驚いてしまったほどです。

そういえば、雪でしたねsnow

今回、学校の事情で残念なことに試験はなくなってしまったのですが(さすがイタリア、いろいろありますsweat02。っていうか何でもありますsweat02sweat02)レッスンはやっぱり素晴らしかったですnotes

今回試験だと思っていたので、曲目をしぼって丁寧に見ていったのも良かったのかもしれません。

レッスンはさらに細かく、目から鱗なことがたくさんありましたflair

今回はいつも泊まっている下宿のおばちゃん宅のご近所さんたち(類は友を呼ぶのか、相当に個性的なメンツが揃ってますcatface)と何度も一緒にご飯を食べたり、マエストロの門下のそろそろ10年の付き合いになろうかという友人たちとゆっくり話をする時間を持てたり、また新しい友人に出会ったり、いつも日本でもお世話になってるA先生のリサイタルもあり、ディプロマ試験のリハーサル(帰国したため本番は聴けずcrying)も聴けたり、となかなか盛りだくさんなイタリア滞在でしたshine

写真はペスカーラに着いた日におばちゃん宅のテーブルにドンと乗っかってた巨大アーティチョーク。イタリア語では”カルチョーフォ”と言います。

数日後にこの蕾の中にたくさん詰め物をして煮込んだおいしい料理になって出てきましたhappy02

Carciofo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

行ってきます!

Neve

今朝はうちの周りもすっかり雪でしたsnow

雪が降るとしんと静かできれいですねconfident。。とか言えるのはこの程度の雪しか降らない大阪にいるからなのだと思うけれど。

レッスンに来たちびっこたちもテンションupupでしたhappy01

私は明日12日から23日までイタリアです。

朝空港まで行かなくちゃいけないので、明日の朝はできれば雪じゃないほうがよいけれど。。

明日から23日の間にお問い合わせいただいた方にはお返事が帰国後になってしまいます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

そうそう・・・

今回は、2008年に取ったディプロマ(卒業証書)をもらってきました。

うふふcatface

なんで2年前の物を今頃・・って感じですが、イタリアでは普通みたいです。

私も今回そういえば・・と思って、事務所に行って「私のディプロマある?」って聞いたら、「あるよnote 。何年に取ったの?」とか言って、奥のほうのダンボールの中から出してきてくれました。

5年後にもらった、とか6年後にもらった、とか音楽に限らず、普通の大学の卒業証書もそんな感じみたいなので、2年後にもらえた私はラッキーかもscissors

Diploma_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

ローマ

Roma3 Roma4

街中にこんな光景がごろごろ存在してしまうローマは何度行っても面白いところですdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

ペスカーラ

Pescara1 Pescara2

マスターコースもレッスンも全部終わって、解放感に溢れた気分で撮った写真camera

ペスカーラはずーっと晴れでしたsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

帰国しました!

Xenakis

イタリアから帰国しましたnote

今回は5日間のマスターコスと3日間のレッスン、と盛りだくさんで大変でしたが、充実していて楽しかったですconfident

普段のレッスンは個人レッスンなので、友人に会っても、入れ替わりにちらっとだけ・・・なのですが、マスターコースなどがあると、毎日毎日朝から晩まで友人たちと一緒だったりして、それも楽しみのひとつです。

今回のマスターコース、オックスフォード大学の作曲の教授による現代音楽の分析、ということで朝の9時半から夕方6時半まで、毎日鼻に抜ける生粋のイギリス英語を聞き続けていました。

全部理解するのはとうてい無理でしたが、それでも、とっても興味深かったですflair

それぞれにいろんな現代の作品を弾きながら、その分析をしていくのですが、やっている内容もスノッブならば、先生の英語の発音も超スノッブで、その授業を、なんだかガチャガチャとやかましいいつものイタリアの学校の教室でやっているギャップも面白かったですhappy01

でも、10人ほどの受講生で、こんな授業を受けられるなんてとても贅沢だと思いました。

さて、写真の図はなんでしょう?

クセナキスの作品の分析図ですcoldsweats01

「マンマミーアsign03

ってベルギーから来た女の子が叫んで、教室爆笑でしたhappy02

教授も「彼の楽譜を見るより、こっちを見たほうが弾きやすいんじゃないかcatface?」

なんておっしゃってました。

彼によると、クセナキスの作品はヴィヴァルディに似ているそうですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

やっぱりToccata e Fuga

Piazza_spagna

かの有名なスペイン広場と階段。

帰る日の朝にぶらぶらしてたら、”Toccata e Fuga”の看板。

”ほんまにその通りやわthink。”と看板を横目に見ながら、飛行機ぎりぎりの時間までローマの町をひたすら歩きましたfoot

朝早くて、珍しく雲が見えるローマですねcloud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

ローマで

Un_piede

ローマの街角で見かけた足。

誰の足foot

| | コメント (0) | トラックバック (0)